Eco

エネルギー全体
日本は二度の石油ショックを経験して、石油に変わるエネルギーの導入を支持しており、また省エネルギーも推進するなど、エネルギーが安定して供給される様取り組んでいます。また地球温暖化等、環境問題に配慮し、対応する事を課題として活動しています。

2002年 エネルギー基本法を制定
安定供給の確保、環境への適合、市場原理の活用を目指しています。

2007年8月「低炭素社会づくり行動計画」
2050年までに温室効果ガス排出量を60~80%削減する事をめざし、太陽光発電の導入量や、発電電力量に占めるゼロエミッション電源(再生可能エネルギー、原子力発電等)の割合などについて、具体的な目標と行動計画が定められました。

2009年3月
電気事業者、ガス事業者、石油事業者が太陽光、原子力、バイオマス等を利用する事や、原油、天然ガス等の有効利用を促進するよう定められました。

лучший ноутбукtranslate hindibinary option free bonusхарьковскиеукладка инженерной доски на фанерукак взломать Viber

     

©2009 ムラキデンキ株式会社 All Rights Reserved