Eco

水の省エネ
人間の半分以上は水分で出来ています。人間、そして全ての生き物には欠かせないのが水の存在。毎日のお風呂に飲み水、料理につかう水など、生活に欠かせない水の省エネを提案します。水の単価は、水1リットル/約0.24円(各自治体によって異なります。)
家庭で出来る水の省エネ
毎日の生活の中で、心がけるだけで水の省エネが可能となります。水回り、特にお風呂・洗濯・トイレ・洗面所で出来る省エネについてまとめました。
お風呂は連続入浴&シャワーは控えめに!
bathお風呂をせっかくためたのに、入るまでに時間が空くとお風呂の水温が下げてしまいます。追いだきに余分なエネルギーをかけず、冷めない間に連続して入浴しましょう。家族全員でそろってお風呂に入るのも手です。
また、連続で入浴するのが難しい場合は、保温シートがお薦めです。保温シートは通販やホームセンターに売っているアルミのシートで、浴槽のサイズに合わせてカット出来るタイプなどもあります。風呂フタと併用して使う事で、保温力が更にアップ。

シャワーはこまめに止めましょう。シャワーを20分(10リットル/分)流すと、浴槽1杯分(200リットル)分のお湯とほぼ同じ量を消費している事になります。シャワーの出しっ放しっぱなしは、水の他、電気やガスの無駄使いにも繋がります。節水型シャワーヘッドを使うのも手です。

洗濯は8割?お風呂の残り湯も活用
毎日洗濯されるご家庭も多いと思いますが、一般的に洗濯機の最大容量に対して、8割の量の洗濯物が最も節水に繋がる量と言われています。例えば、最大の容量が7kgの場合、5.6kg程度に抑えると言う意味です。また温水で洗濯すると汚れが落ちやすいので、お風呂の残り湯を洗濯に活用して、節約しましょう。
トイレは流す時が肝心。
toiletトイレの洗浄は、「大」1回に付き約15リットル、「小」で約10リットルの水を消費します。せっかく「大」と「小」の区別が有るのですから、区別して流しましょう。また1000円以下で購入出来る、トイレの節水 ウォーターセーバーを取り付けるのも節水に繋がります。水圧を維持して流す水量を抑える事が可能ですので、おすすめです。過去にペットボトルをタンクの中に入れるという節水方法がありましたが、こちらは流量自体も下がりますのでお薦め出来ません。

traderush binary options tradinggsmконтекстная реклама в яндексешины диски купитьсервис раскрутки сайтаанонимайзер

     

©2009 ムラキデンキ株式会社 All Rights Reserved